東広島市西条中央7-3-45 Jランドビル1F

082-493-5533

東広島市,皮膚科,肌荒れ,湿疹,乾燥肌,にきび,治療

診療案内

院長コラム
駐車場26台完備

パソコン・携帯電話から順番待ち状況が確認できます。

携帯

QR

パソコン

パソコンの方はこちら

診療科目

  • 皮膚科
  • アレルギー科

主な診療内容

当院ではアトピー性皮膚炎蕁麻疹などの疾患をはじめ、近年増加している乾癬(かんせん)の診療などを行っております。

また、皮膚科ではニキビ治療肌の悩みなども対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

主な対応疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患と考えられていますが、アレルギー反応だけが原因ではありません。もう一つの大きな要因は「かさかさ肌、乾燥肌」という皮膚の構造上の問題です。

アトピー性皮膚炎の方の肌は、健康な方の肌よりも元々乾燥しているという特徴があります。乾燥肌を詳しく観察すると、皮膚表面を保護する膜(角質層)が障害を受け、薄く、もろくなった状態にあります。

皮膚には外部の刺激や異物から体を守るという大きな役目(バリア機能)があります。乾燥肌ではバリア機能が不十分で、汗や衣類など簡単な刺激に負けやすくなります。さらに、アレルギーを起こす抗原という物質も入りやすくなり、皮膚炎はますます悪化しやすくなります。

この他、日常の生活環境や精神的なストレスなど、様々な要因が関与して皮膚炎を起こす、というのがアトピーの特徴です。

アトピー性皮膚炎についてはこちら>>

乾癬(かんせん)

乾癬が起きるはっきりした原因はまだ分かっていませんが、体質的な要素(遺伝的要素)に外的因子(精神的ストレス、感染症、薬剤など)、内的因子(糖尿病、高脂血症、肥満など)が加わることで、発病するのではないかと考えられています。

乾癬についてはこちら>>

ページの先頭に戻る