東広島市西条中央7-3-45 Jランドビル1F

082-493-5533

東広島市,皮膚科,肌荒れ,湿疹,乾燥肌,にきび,治療

院長コラム

院長コラム
駐車場26台完備

パソコン・携帯電話から順番待ち状況が確認できます。

携帯

QR

パソコン

パソコンの方はこちら

HOME»  院長コラム»  院長コラム»  外用療法あれこれ、その3

外用療法あれこれ、その3

外用療法あれこれ、その3

外用剤にもいろいろありますが、代表はステロイド外用剤でしょう。皮膚の炎症(湿疹などの余分な反応)を抑える作用がよく、様々な皮膚疾患で用いられています。

ステロイド外用剤は効果の強い、弱いにより5段階に分類されています。さらに、それぞれのステロイド外用剤は基剤の種類により、軟膏、クリーム、ローションなど種々の剤型があります。

ステロイド外用剤の塗り方は、皮膚病変が小さい場合には、外用剤を指の腹に少量とり、皮膚病変部にまんべんなく薄く伸ばすように塗ります。皮膚病変が大きい場合には外用剤を手のひらにとり、手のひらに薄くのばし、手のひらで皮膚病変部をなでるように塗ります。よく言われている、「擦り込む」というのは、皮膚に強い摩擦を加えることになり良くありません。

ステロイド外用剤の副作用は、化膿しやすくなる、皮膚が薄くなる、皮膚の赤みが強くなるなど、いくつかの副作用が報告されています。皮膚の状態、患者さんの年令、病変部位の違いによりこれらの薬剤を使い分けることが必要です。

関連項目

2015-02-03 18:06:45

院長コラム

 

ページの先頭に戻る